過日、録画授業を開始したところ、ご要望が多数寄せられましたため教室で行っている授業のリアルタイムネット中継を開始します。従来通りの録画授業も継続しますので、時間割と都合が合わない科目については録画授業を併用してください。

問題は回線の品質

ゴールデンタイムに動画配信を行うとなると、最大の問題は「回線が耐えられるか」ということになります。特に集合住宅となりますとハードルが上がります。初回設明会とその後の2回の授業(の合計3回)で回線の様子をお確かめください。
安定して視聴できないということであれば、回線品質を上げるか録画授業をご検討ください。
リアルタイム中継による視聴を断念する場合、2回目の授業までであれば授業料は発生しません。

視聴するのはパソコンやタブレットがよいと思います。スマートフォンでも板書は見られますが、画面が小さいことと緊急連絡に電話を必要とする可能性がありますのでお勧めはしません。
視聴機器とインターネット回線は有線で繋ぎましょう、wifiや5Gは不安定になりやすいです。

教室と同じ指導のために

教室では生徒一人ひとりの手元を見て、それぞれに必要な指導を行っております。中継に参加するからには皆さんの手元を映すカメラを是非ご用意ください。
2,000~3,000円くらいwebカメラがあるとよいです。スマートフォンのカメラでも代用できなくはないのですが、設定が必要だったり緊急連絡に電話を必要とする可能性がありますのでお勧めはしません。
そのカメラで手元を撮影するためのスタンドも同じくらいの値段で売っています。「webカメラ スタンド」と検索します。皆さんの手元を上から撮影できるものであれば、なんでも結構です。

カメラとスタンドとライトが一体化したものに書画カメラという製品もありますが、ここまでお高いものを用意する必要はありません。
なお、みなさんがカメラで撮影している画像はホスト(配信側)から見えても、ゲスト(視聴側)同士は見えないように設定してあります。また、どうしても「手元を映したくない」とのことであれば無理をする必要はありませんが、その場合はおそらく録画授業の方が合っているでしょう。

それでも教室と同じにならないこと

教室参加者は宿題の提出義務があります。これを中継でも同じように実施しようとすると、それなりの量のノートやルーズリーフを定期的にやり取りすることとなり、現実的ではありません。(宿題の質問は数問のやり取りですから全く問題ありません。)
入試コースでは2か月に1回程度のペースでテストを行っています。テスト終了後に即採点を行い、返却の上解説があります。中継でもテストと解説は参加可能ですが、答案を受け取り採点し返却するまでを数分で完結させるのは難しいです。
また、テストの後に答案内容から分析した復習範囲・勉強方法についての改善指示・全員の宿題消化率などをレポートとして各家庭に郵送しています。これも中継参加者には提供できないサービスとなります。(勉強方法の相談は中継でも可能です)
総じて中継参加者は教室参加者よりも己を律することを求められます。

授業料について

上記の通り、教室と全く同じというわけにはいきませんので、中継参加者の授業料は教室参加の0.75倍とします。
毎月の授業料は以下のようになります。

コース名科目教室授業料中継授業料
入試コース共数・物理・化学各24,000円各18,000円
入試コース理数16,000円12,000円

入試コースは毎月最初の授業までに、準備コースは所定の払込期間にご入金ください。
期限を過ぎますと、必要なプリントや教材が授業に間に合わない可能性があります。

申し込みフォーム







    スパム防止のため、右の四文字を半角で入力してくださいcaptcha


    フォームからのメールが到着し次第、必要な教材を発送します。
    入塾手続きは急ぎません、回線的にレベル的に視聴を継続すると判断してからで十分間に合います。